中古車を購入する際に、チェックして頂きたいポイントはいくつかあります。中でも、絶対に忘れてはならないのが、事故車ではないか?修理履歴があるか?です。一般的には、中古車販売店のプライスボードには、修復歴の有無が記載されています。この修復歴というものは、気軽にいえば修理した事があるかないかということなのですが、一つ注意点があります。それは、その車に行った全ての修理の履歴を記載しなくてもいいことになっている点です。例えば、バンパーやボンネット、ドアなどを交換したとしても、修復歴(車体の骨格部位を損傷して、交換や修理を行った場合を指します)にはなりません。車の骨格部分に損傷を受けて交換や修理をした場合にのみ、修復歴があることになるのです。つまり、事故を起こしていたとしても、基準となっている箇所にダメージがなければ、修理を行っても修復歴としては残らないわけですね。ただし、見る人が見れば、修理を行ったことがあるかどうかはわかるものです。素人がみてもわかりやすい箇所としては、ドアの内側のシーリングやスポット溶接跡などがあげられます。また、車体を見る際には、一度離れて、車体全体を眺めることの可能な位置まで行き、前からだけでなく横からや斜めから車体を眺めてみましょう。修理したような跡がないか、不自然な隙間や繋ぎ目がないかなどを念入りにチェックしてみて下さい。修復歴車でも小規模の修理歴であれば、それほど問題ないでしょうね。でも、大規模な修理を行っている場合には、修理をしていても不具合が出る事もあるそうですー